北に向かう白鳥たち

今年も白鳥の群れが北に戻る季節になりました.足寄周辺でも羽を休めながら少しずつ大陸を目指します.

2017.04.17 Utsumi


夕刻,仮のねぐらに帰る一群

資料館の展示レイアウトを変更しました

これまで林長室や2階の目立たない場所に展示してあった標本を玄関ホールに集めて展示しています。標本はヒグマエゾシカキュウシュウジカ(宮崎演習林産)のはく製標本をはじめ、エゾリスエゾモモンガの骨格標本やエゾフクロウオオルリなどを展示しています。

2017.03.15 kubota 



ヒグマのはく製標本

エゾシカとキュウシュウジカ(宮崎演習林産)のはく製標本

ほ乳類や鳥類のはく製標本と骨格標本

エゾフクロウの翼・羽毛標本


フィールド科学研究入門・冬の北海道プログラム

2月20~24日にフィールド科学研究入門・冬の北海道プログラムを実施しました。農学部、医学部、工学部から11の学生さんが参加してくれました。
冬期移動野営生活技術、冷温帯落葉広葉樹林亜寒帯針広混交林、森林資源の持続的利用などに関して、体験通して学んでいただきました。


移動技術講習(ぬかびら源泉郷スキー場)

カラマツ人工林調査(20林班)

地形図とコンパスで目的地を目指(20林班)

落葉広葉樹林を歩く。凍った川を渡ります(19林班)

針広混交林を歩く。演習林とは景色が随分違います(雌阿寒山麓からオンネトー)


冬の演習林と除雪

北海道演習林が所在する足寄町は道内では雪が少ないところですが,根雪で40cm前後は積もるため除雪をしないと車で入って行くことはできません.冬季は造材事業,学生実習,通年行う調査のため林道の除雪が必要です.北海道演習林ではブルドーザーを使って林道の除雪を行っています.業務のスケジュールと天気予報を考え合わせて必要な区間を除雪していきます.


2017.1.19 Nakamura


冬のミズナラ林


  除雪で出動中のブルドーザー


除雪前の林道(前回の除雪の跡がみえます)


除雪後の林道

まとまった雪

足寄町でも22日に大雪警報が発令され、久しぶりにまとまった雪が降りました。23日は朝から職員が構内の除雪を行いました。冬は運動不足になりがちですが、雪かきで体も温まり良い汗をかきました。


2016.12.23 kubota

雪一面の構内

イチイに降り積もった雪

除雪機を使って除雪した跡(構内樹木園)

40cmの積雪でした