とかち森の学校

 11月12日にネイパル足寄とかち森の学校が演習林で行われ、30人の子供たちが参加してくれました。リピーターも多く、見覚えのある顔もちらほら。寒さにも負けず、雪の積もった林内での活動を楽しんでくれたようです。


2016.11.14 Murata


ペレットストーブで温まった展示室内で演習林紹介

 聴診器で木の中を流れる水の音を聴いています

 みんなで協力して木の高さを計測

炭火でバウムクーヘン作り

初雪

 北海道各地で雪の報せが届く中、演習林事務所構内でも11月3日に今年初の積雪が観測されました。昨年よりも3週間ほど早く、3日の午前9時時点で8cmの積雪となりました。
 林内での作業が制限されるため、例年よりも早い積雪に職員一同頭を抱えています。
2016.11.07 murata

 事務所構内の様子①

 事務所構内の様子②

職員の子供たちがつくった雪だるま

北海道演習林協議会

平成28年10月12日(水)~14日(金)にかけて九州大学農学研究院竹川副研究院長、並びに農学部附属演習林大槻演習林長外執行部ご一行が北海道演習林視察及び協議会出席のため、来演されました。
                                           
2016.10.27 miyashita


からまつ講義棟にて概要説明
足寄町長を表敬訪問

第19回九州大学北海道演習林協議会


事務所前にて記念撮影




足寄高校総合学習

足寄高校の総合学習を行いました。
一組は演習林の概要説明と水に関する講義、パックテストを用いた水質調査をしてもらいました。足寄町の水源地でもある演習林の河川は、普段から皆さんが飲まれている水とあって、興味深く調査をしていました。
もう一組はアカエゾマツ人工林の間伐作業を体験してもらいました。一人一本、間伐する木を選んで、ノコを使って伐採しました。実際に切って見ると木は堅く、なかなか切れずに苦労していた様です。

2016.10.25 kubota

アカエゾマツ人工林の間伐作業

間伐した木の枝落とし作業

間伐作業中の林内

足寄中学校総合実習

10月18日に足寄中学校の総合実習を行いました。生徒57名が二組に分かれ、天然林人工林について学んでもらいました。
天然林は歩道を散策しながら、ミズナラやカエデ、キハダなどの解説を受け、天然林の多様性を学習しました。
人工林は育林作業のアカエゾマツの枝打ちを体験してもらいました。高さ2mまでの枝をノコを使って1本1本丁寧に落としてもらったおかげで、林内は明るくなりました。

2016.10.20 kubota


概要説明

天然林解説

枝打ち作業